2017練気合宿「地の章in金沢」

  1. 霊性との対話
  2. 19 view
2017練気合宿「地の章IN金沢」

2017年練気合宿「地の章in金沢」を開催しました。
毎晩練気をしつつ三日間、パワースポットを巡ります。

一日目は21世紀美術館と、兼六園へ。
地のエレメントは,五感の感覚を使いながら美を楽しむエレメントでもあります。

見て楽しむだけでなく、体感をして楽しんでみたりする参加型の展示もたくさんあります。
是非とも、ゆっくりと時間を取って過ごしてみたい美術館でした。

そして、美術館館内の噂のレストランでランチをいただきました。
とても白くて、すがすがしい空間です。

評判通りの味と、パレットに並べるような食彩の美しいランチでした。

美術館の後は、そのまま兼六園へ移動。
晴天ですが、とても蒸し暑い一日でした。

そして、食道楽の目的のひとつ!
是非食べてみよう!と話題になっていた、箔一さんの金箔ソフトクリームをみんなで食べにいきました。

どうですか!笑
すごいですね。。。こちら891円(ハクイチ)です。

金箔屋さんのソフトクリームを選んで買いましたが、他にも売っているところはたくさんありました。

中には、プラチナ箔と金箔の二色で2000円というソフトクリームもありました!
ほとんどは、箔の値段といったところでしょうね笑。

さてさて、美を満喫する一日目はあっという間に過ぎて、本日は月光練気を行って終了です。

二日目は、みんなも知っている永平寺、そして個人的にメインとした平泉寺へ。
永平寺は隅から隅まで人の手を尽くすこと惜しまず、ぴっかぴかに磨き上げられたお寺でした。

すごい!人の心意気というものを学べました。

そして平泉寺へ
今回の合宿行程では白山信仰にゆかりの場所をめぐるようになっていますが、こちらも白山信仰の大きな拠点のひとつです。


この参道が「日本の道100選」に選ばれています。

参道は石が敷かれているのですが、この石ひとつひとつの裏側に経文が書かれているとガイドさんに教えていただきました。
今回はこの石畳の上を歩いて参拝させていただきました。

それにしても平泉寺は地元の方に愛されている場所でしたが、とにかく自然エネルギーのとても強い場所です。
とても禍々しいものと、それらを抑え込むような特殊なエネルギーを感じとる場所でした。

永平寺は、人の手によって整えられたエネルギースポット、
平泉寺は自然の力で整えられたエネルギースポットであると感じました。

最終日は、あいにくの天候となりましたが、金運で有名な金劍宮と、白山信仰総本社の白山比咩神社へ向かいました。
お昼ご飯のお寿司が美味しくて、皆さん楽しみ過ぎて時間が押してしまいました(笑)

時間もなく、少々駆け足の参拝となりました。

金劍宮

白山比咩神社は、とても良い花の香りが漂っていました。

そして、帰路は奮発して皆でグランクラスで戻ってきました。
ほぼ一両を貸し切り(他人1名)の車両で、とても贅沢で心地良い時間のなか無事に戻ってまいりました。

グランクラス!!!!!!! #train #granclass #express #gourgeous #北陸新幹線 #グランクラス

Kuwasakaさん(@__kuwasaka__)がシェアした投稿 –

最後まで、地の章らしい締めくくりだったと思います。

これだけ壮大なエネルギースポットもなかなか少ないと思います。
そして、それだけ広大な敷地を収める皆さんの努力も素晴らしかったです。

そんな感動を与えてくれた、金沢の神々に心から感謝申し上げます。

オンライン予約システム

広尾カウンセリングオフィスAIR WORKSのスピリチュアルカウンセリング・ビジネスカウンセリング・じぶん創造セミナー&スクール・各種イベントのご予約が24時間オンラインで行えます。詳細ページ、ご予約状況をお伝えするマイページも備えております。無料登録となりますので、お気軽にご利用ください。

オンライン予約システム
加勢 康晃

独自の霊的な観点から、人々にアドバイスを続けて長いキャリアの実践派スピリチュアルカウンセラー。これまでに行ったカウンセリング実施数は3万件を超える。生まれながら勘が強く、幼少の頃から様々な不思議な体験を重ねる。17歳の頃より、自然と周囲から相談を持ちかけられるようになる。2002年8月、東京恵比寿に「エアーワークス」を設立し、広尾に移転し現在に至る。常にニュートラルな視点に立ち、スピリチュアルなアドバイスを踏まえながらも現実的なアドバイスを行う。心・体・霊の三方から個人を捉え、本質の癒しと自己実現の道を伝え続けている。

記事一覧
メールマガジン登録
最新情報をお届け致します。 ぜひご登録ください!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA