守護との対話 Vol Ⅱ「一期一会を大切にする」

  1. 霊性との対話
  2. 272 view
第一章 見知らぬ孫と私のご縁

守護との対話 第二弾は、エアーワークス・ご相談者様のNさんにおきた実体験談です。以下の文章は、ご本人様のインタビューに基づく内容となります。全ての記事は、ご本人様の掲載許可を承諾しております。

加勢先生に初めて出会ったきっかけは、友人からの誘いでした。

「面白い人がいるから一緒に会いに行く?」という誘いだったのですが、
私はとても気軽な気持ちで「行く」と答えました。

それが始めてお会いするきっかけでした。

友人が加勢さんと話している傍らで興味が湧いてきていたところ、
突然「あなたには何か影響しているかもね」と言われました。

その霊はおじいさんの霊で、
あるお寺で「私が孫に似ているから」という理由で懐かしく思い憑いてきてしまったようでした。

加勢さんは、その霊が憑いてきたであろうお寺の絵を
「こんな形の木枠の窓があって、少し離れたところにこんな建物があって」と解説しながら描いてくれました。

じつは、私の本業はお寺さん関係の観光業でもあり、
仕事柄さまざまなお寺に行く機会があるので、
それがどこなのかはまったく見当がつきませんでした。

私自身はそういった「霊や魂の話」を信じる方でしたし、加勢さんの評判も良かったのでその話は心にとめておきました。

そんなある日、あるお寺に用事があり行ったところ、
ふと振り返ると何気に見たことのある窓が・・・。

それは加勢さんが描いてくれた絵にあった窓と同じ形だったのです!

お寺の窓の形などにも、それぞれの特徴があるということも知っておりましたが、
加勢さんの書いた絵は、どこにでもある形ではありませんでした。

恐る恐る脇の方へ目をやると、
やはり加勢さんの絵にあったのと同じ建物がありました・・・。

背筋がゾッとしました!
おじいさんが憑いてきたのはこのお寺だったのです。

加勢さんから言われていたとおり、
気づいたら本堂に向かって手を合わせ「私はあなたの孫ではありません。
どうか、お引取りください」と心の中でお願いしました。

その後すぐに加勢さんに連絡をとり、霊体の影響を完全に祓ってもらいました。
そうするには、まずは私自身が、その存在に自ら気づくことが大切だったとのことでした。

何かの恨みがあって憑いてきていたわけではないので、
直接的な悪影響があるというわけではなかったようでしたし、私自身もとくに悩まされたわけではありませんでした。

しかし、霊体が側に憑いているということだけで
「身体の熱」を吸い取っていくので体力が低下し始めるとのこと

最悪のケースでは「懐かしい」という愛情が執着に変わり
「こっちへおいで」と黄泉の世界へ招かれることもあるということでした。

もちろん、そうはならないことを見越してましたと仰って頂けました。

人にはたいていの場合、守護霊としてご先祖の霊がついています。
その愛情は「本来の使命を見守る、指導的な意識に基づく」ご加護なのです。

しかし、「ただの情け」だけがシンクロして憑いてきてしまった場合は、
後々良いことにはならないそうです。

「聞いてもらいたいことがあるから」「優しそうだから」といって憑いてくると、
心情・温情といったその人そのものの熱を奪うというのです。

それは霊媒体質である無しは関係ないらしく、
私のように自覚症状はほとんど無い場合も多くあるとのことでした。

自覚の薄い、体力や気力の低下が生じている場合などは、
そのような影響も少なくはないとのお話しでした。

その件があって以来、
ことあるごとに相談するようなご縁となりました。

1

2 3

プライスレスなじぶんを見つける

スピリチュアルカウンセラー加勢康晃の経験則をお伝えする「 じぶ創造セミナー&スクール」です。日々に活かせる3つのスピリチュアルメソッドを厳選し、ブラッシュアップしたオリジナルコンテンツとしてスクール開催をご提供しています。「心・体・霊性」を整える、本来のじぶんを知るための実践的なスピリチュアルメソッドとなります。

じぶん創造スクール
加勢 康晃

独自の霊的な観点から、人々にアドバイスを続けて長いキャリアの実践派スピリチュアルカウンセラー。これまでに行ったカウンセリング実施数は3万件を超える。生まれながら勘が強く、幼少の頃から様々な不思議な体験を重ねる。17歳の頃より、自然と周囲から相談を持ちかけられるようになる。2002年8月、東京恵比寿に「エアーワークス」を設立し、広尾に移転し現在に至る。常にニュートラルな視点に立ち、スピリチュアルなアドバイスを踏まえながらも現実的なアドバイスを行う。心・体・霊の三方から個人を捉え、本質の癒しと自己実現の道を伝え続けている。

記事一覧
メールマガジン登録
最新情報をお届け致します。 ぜひご登録ください!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA