守護との対話 Vol Ⅱ「一期一会を大切にする」

  1. 霊性との対話
  2. 308 view
第三章 人生は心身を整え循環する

このようなことの他にも、身体の調子を戻してもらったことなどもあります。

小さい頃、小児喘息を患っていました。
時折、その発作をおこしていました。

小さい頃より、とても苦しい思いをして病院へ通いましたが、
「なかなか治らない」と診断されて症状を抑える薬を出されました。

薬をもらうために何度か通院しましたが、一度加勢さんに観てもらうことにしました。
これまでの経緯をお伝えして、身体の気の流れを整えてもらいました。

ほんの30分程、何をされていたのか全くわかりませんが、
背中にしばらく手をあてていただけで、その場で症状が治まったのです。

心の改善は必ず身体に現れ、必ず変化をもたらします。
まずはストレスを吐き出す(話す)ことが大事なんです。
気の調整で症状を緩和しながら、心を解いていったのです。

痛みは『気づきに必要な痛み』もあるとのこと。

それをネックとして全て取り除く、
または抑えきることだけが改善に向かうのではなく、
なぜそれが痛みとして出たのかを知ることに意味があるとのことでした。

現在も加勢さんには、
心身ともに何かを感じたときには相談させて頂いています。

その時間の中で、全ての面において整理がつき迷いがなくなりました。

次にやるべきことが、とてもわかりやすくなるのです。
出会ってから、あらゆる物事の運びがスムーズになりました。

昔は「人のことなどはどうてもいいじゃないか」とどこかで思っていたのですが、
人にも物事にも「会うべくして会う」のだと知ることができ、
そこから得るものが、とてもたくさんあるということに気づかされました。

仕事の現場であっても、プライベートの瞬間であっても、
つねにそういう意識が自然と持てるようになりました。

人の話にも、親身になって耳を傾けるようになったのです。

私自身、加勢さんに出会ったことにより、
依存することなく、多くの物事を受け入れることができるようになりました。

偶然を必然と思える、人としての役割を教えていただきました。

時間も過ぎて、いまは父より引き継いだ会社を営み、
かかわる社員にも伝えております。

お墓騒動も、あれからなにも起きずに家族全員が元気に過ごせています。

必然の出会いとご先祖様に心より感謝しています。

※インタビュー ご相談者様N氏・書 桑坂 碧

1 2

3

プライスレスなじぶんを見つける

スピリチュアルカウンセラー加勢康晃の経験則をお伝えする「 じぶ創造セミナー&スクール」です。日々に活かせる3つのスピリチュアルメソッドを厳選し、ブラッシュアップしたオリジナルコンテンツとしてスクール開催をご提供しています。「心・体・霊性」を整える、本来のじぶんを知るための実践的なスピリチュアルメソッドとなります。

じぶん創造スクール
加勢 康晃

独自の霊的な観点から、人々にアドバイスを続けて長いキャリアの実践派スピリチュアルカウンセラー。これまでに行ったカウンセリング実施数は3万件を超える。生まれながら勘が強く、幼少の頃から様々な不思議な体験を重ねる。17歳の頃より、自然と周囲から相談を持ちかけられるようになる。2002年8月、東京恵比寿に「エアーワークス」を設立し、広尾に移転し現在に至る。常にニュートラルな視点に立ち、スピリチュアルなアドバイスを踏まえながらも現実的なアドバイスを行う。心・体・霊の三方から個人を捉え、本質の癒しと自己実現の道を伝え続けている。

記事一覧
メールマガジン登録
最新情報をお届け致します。 ぜひご登録ください!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA